スマホ画面で「隠れ斜視」が進行する理由は

スマホ画面は小さく、さらに読書と比べると見る位置が近いですね。そんな状態では「目に負荷」を与えているのです。小さな画面を近い距離で見続けることになります。ということは、「目を寄り目」にしながらスマホを見ていることになります。 隠れ斜視とは「隠れ斜視」とは、目の向きが外側や内側にわずかにずれている状態をいうそうです。俗に藪睨み、ガチャ目、ひんがら目、ロンパリ、眇(すがめ)とも言われています。多く…

続きを読む

ドライアイを放置すると、視力低下の恐れにも

ドライアイを放置すれば、角膜に傷がついて“視力低下”の恐れが出てきます。これは、私が通院している眼科医の先生が説明されていました。 まず、ドライアイを真剣に治すことに全力をつくすことにしました。ドライアイ原因は、パソコンやスマホの長時間使用で「まばたき」が少ないためだそうです。 先生によると、治療は点眼薬(ドライアイ目薬)が中心になるようです。市販の点眼薬は、防腐剤の入っていない人工涙液やヒ…

続きを読む

毛様体筋の凝りから疲れ目にご用心

疲れ目の最も多い原因は、目のピントを合わせるのに使う毛様体筋の「こり」。NHK「チョイス@病気になったとき」では、疲れ目にご用心!と題して放送されます。毛様体筋の凝りの他に「ドライアイ」や「斜視」が隠れている場合もあるようです。 ■毛様体筋とはカメラでいうオートフォーカスのように、自動ピント合わせと考えるとわかりやすいでしょう。レンズの役割をする水晶体は、近くを見るときは毛様体筋が収縮して水晶…

続きを読む

運転免許の更新に向けて視力回復しようと決意

私の運転免許証には「眼鏡等」という条件が付いていました。運転免許更新で視力が満たない場合は、眼鏡やコンタクトレンズで矯正する必要があります。 眼鏡等の条件をなんとか無くしたいと思い、視力回復トレーニングに励みました。 おかげで、運転免許更新では眼鏡等の条件を無くすことができました。 スポンサーリンク ■運転免許更新に必要な視力普通免許の場合は、片目でそれぞれ0.3以上、両目で0.7以上見え…

続きを読む

スマホ老眼の予防は近視予防にも効果的

年齢を重ねるにつれて、だんだんと近くのものが見づらくなる困った病気である老眼。昨今では20~30代の方でも老眼に悩んでいると言われています。その病気名は“スマホ老眼”、老眼に近い症状が表れるようです。 ◆スマホ老眼の原因は?◆スマホやパソコン画面を長時間集中して見続けることが一番の原因といわれています。当然ながら目の酷使となり、目の筋肉が疲れてしまいます。目の疲労から、目のピント調整能力が低下…

続きを読む

スポンサーリンク