目の疲れ体から解消するブルーベリー


目にいいという事で最近とくに話題になっているのがブルーベリーです。ブルーベリー
ブルーベリーは昔からあったものではなく、輸入品でジャムやヨーグルトのソースなどに加工されて、ここ何年かのうちに人気が出てきたのです。

目の疲れを取る方法として、目薬やマッサージなどがありますが、一時的にしか目の疲れを解消できない問題点があります。

一時的に解消しても、しばらくすると目のショボショボやかすみ、疲れといった症状に再び悩まされます。

根本的な要因を改善するには、体の内側から根本的な要因を解消することが大切なのです。
そこで注目されているのが、目のトラブルに効能がある成分が豊富に含まれているブルーベリーなのです。

ブルーベリーの特徴はなんといってもあのきれいな青い色で、天然の色素である「アントシアニン」という成分です。

そして、その色素こそ目によいはたらきをする物質なのです。 
このアントシアニンは光・熱・空気との接触で変質しやすいので、生かサプリメントで摂取するのが一番良いのです。

しかし、毎日食べるのはとても大変なこと。
そこでおすすめなのがサプリメントです。
サプリメントなら1日に必要な量のブルーベリーをたった数粒で補うことができますし、果物と比べてもとてもリーズナブルな価格なのです。
これならお手軽なので、毎日続けやすくなりますよね。
目がボンヤリ・・・すっきりしない。現代人は目が疲れています。
サン・プロジェクトの「ブルーベリーエキス」には、目の健康保持に有用な栄養素が配合されており、大変人気のある商品です。
北欧の寒冷地では、夏に太陽が沈まない「白夜」が訪れます。

一日中降り続ける太陽の紫外線から、大切な果実を守るために、北欧産野生種ビルベリーは、青紫色の色素「アントシアニン」を果肉にまでたっぷりと貯えて身を守っています。

このビルベリーのアントシアニンについては、ヨーロッパでは早くから研究が行われ、イタリア・フランスなどでは医薬品として流通しています。
視力への効果だけでなく、血管の保護、胃潰瘍の改善薬として用いられています。
副作用がないことも認められています。

日本では医薬品として扱われていないのが残念ですが、サプリメントとして全国の愛飲者数を考えると、実際に体感して健康に役立てている方が大勢いらっしゃるということでしょう。
このアントシアニンは光・熱・空気との接触で変質しやすいので、生かサプリメントで摂取するのが一番良いのです。

しかし、毎日食べるのはとても大変なこと。
それ以上に「北欧産ビルベリー」を生で手に入れるのは極めて困難なことです。
そこでサン・プロジェクトでは少しでも手軽に摂取できるよう、1粒に「ビルベリー」32個分をサプリメントにギュッと詰め込んだ「ブルーベリーエキス」を開発したのです。
TBS「駆け込みドクター」で「視力・絶対改善SP!」と題してアントシアニン関連が放送されます。


posted by 眼力人 at | 視力回復食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

視力回復に良いDHAを含む青魚




視力の向上に、DHA(ドコサヘキサエン酸)が役立ちます。


日本人の三人に一人は近視といわれています。
近視の原因は、遺伝説、栄養説、環境説など様々な説がありますが、病気や怪我によるもの、先天的な遺伝による近視でなければ、視力を回復できる可能性があります。

寿司マグロ.jpg
DHAとは、主にマグロやイワシなどの青魚の脂に多く含まれる栄養素です。
「脂」と聞くと敬遠される方も多いと思いますが、豚や牛などの飽和脂肪酸とは全く別物で、DHAは不飽和脂肪酸の一種です。

不飽和脂肪酸は、動物性の脂とは逆に血中コレステロール値を下げる働きがあり、常温では固まりにくく液体を保つ成分です。


DHAは、血液をサラサラにし動脈硬化を予防することや、中性脂肪を減少させ、悪玉コレステロールの撃退、つまり生活習慣病の予防になります。
DHAは、脳にいいということで痴呆の予防などの効果もよく言われています。
食生活の変化によって、飽和脂肪酸は過剰摂取気味で、DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸は不足傾向にあります。



目で見た物は、網膜や視神経を通って、脳に伝わることで初めて視覚情報として認識されます。
DHAは、脳細胞の原料となるだけでなく、網膜や視神経にも必要となっていることから、しっかりと摂取することで、視覚からの情報をスムーズに脳に伝えることができ、視力回復に良いと言われています。


基本的には、緑黄色野菜が眼にいいのと同じで、体に良いとされているものは眼に直結する視力回復に良い食べ物なのです。
DHAが眼に良いポイントは、眼が脳の一部だという考え方なのです。
また、眼は血液の流れが非常に重要な役割を果たしています。


事実、DHAは青魚と言われますが、大きな魚の眼の周りの筋肉などには大量のDHAが含まれていると言われています。
さらに、最近の研究によって視神経が健全に機能するために大量のDHAが必要ということです。
DHAを摂る食べ物と言えば、やはり青魚ですね。
青魚とは、光りものと呼ばれる魚で苦手な人も多いですが、本当においしい青魚を一度食べれば癖になるでしょう。
お寿司のネタでおなじみの、マグロ、イワシ、こはだ、さんま、アジなどですね。



DHAは、サプリメントから摂りたくなるのですが、やはりサプリメントは食べ物の補助食品です。
DHAを含む食品をしっかり食べて、その上で視力回復に良いサプリメントならさらに効果が上がるはずです。

タグ:EPA DHA 視力回復
posted by 眼力人 at | 視力回復食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク