遠視と老眼はどこがどう違うの?

一般的に「老眼」は近くが見えづらくなる老化現象の視力障害ですが、近くが見づらい視力障害といえば「遠視」も同じ症状です。 では老眼と遠視はどこが違うのでしょうか? 老眼(老視)と遠視を混同する人も多いようですが、まるで違うものです。 ◆老眼とは 老眼は水晶体の弾力性がなくなり、水晶体の厚さを変えるための毛様体筋と呼ばれる目の筋肉が衰えて、近くに焦点(ピント)が合わなくなり、近くが見にくくな…

続きを読む

遠視の症状と遠視眼鏡の関係とは

遠視とは網膜のうしろにピントを結んでしまう状態のことです。 よく世間で言われる、遠視は遠くの物が良く見えて、近くの物がぼやけて見えるというのは間違いです。 遠視の眼は遠くの物も、近くの物もぼやけて見えてしまうのです。 私たちの目は遠くの物を見ているとき、水晶体の厚さを調整せずに見ていますが、このとき遠視の眼は網膜の後ろにピントが合ってしまうので、遠くがぼやけて見えてしまいます。 …

続きを読む

スポンサーリンク