遠視と老眼はどう違うの


一般的に「老眼」は近くが見えづらくなる老化現象の視力障害ですが、近くが見づらい視力障害といえば「遠視」も同じ症状です。
では老眼と遠視はどこが違うのでしょうか?
老眼(老視)と遠視を混同する人も多いようですが、まるで違うものです。

網膜上で焦点が合う
◆老眼とは
老眼は水晶体の弾力性がなくなり、水晶体の厚さを変えるための毛様体筋と呼ばれる目の筋肉が衰えて、近くに焦点(ピント)が合わなくなり、近くが見にくくなる症状のことです。
この水晶体の機能低下は、誰でもが中年以後の加齢と共に訪れる生理現象なので病気ではありません。
加齢に伴い、水晶体の弾力性が弱まることにより、調節力が十分に保てなくなった状態が老眼です。
近視の人は、ピントがもとから手元にあるので、裸眼では老眼を自覚しづらく、遠視の人は若い年齢のときから、老眼症状を訴えることが多いです。

TBS「駆け込みドクター」では「視力・絶対改善SP!」と題して老眼鏡が放送されます。


◆遠視とは
遠視とは眼軸が短すぎるため屈折異常が起こり、網膜より後ろで焦点が結ばれてしまうことで近くも遠くもぼやけて見えます。
毛様体筋が衰えているわけではないので、若年者では遠くがよく見えることもあり、そのため遠視と呼ばれているのです。
若い人は調節力があるため無意識にピントを調整するための筋肉に力を込めて遠くを見ますので、遠方もそこそこ見える事になります。
遠くを見る場合には「調節力」を無意識的に使用していますので眼精疲労の原因になります。



以上のように、遠視と老視は全く別のもので、同じ近くが見づらい症状でも、その原因がまったく異なるのです。
また「遠視の方は老眼になりやすい」と言われることもありますが、当然そのような事はありません。
ただ遠視の方はもともと近くが見づらいため、近視の方や正視の方に比べて老眼を自覚するのは早くなる可能性がありますので、そのことが遠視の人は老眼になりやすいと思われているのかもしれません。
老眼が進行してくると、手元のものが見えにくくなり、針仕事や細かい仕事していると目が疲れたり、新聞を読むときは目から離したりしないと細かい文字がはっきりしないなどの症状を起こしてきます。


★この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます★
理学博士が伝える2週間で視力が回復する方法!アイファンタスティック
視力が悪くなると殆どの人がメガネかコンタクトレンズを使用します。
最近では「レーザー手術」なるものも出始めております。
コンタクトレンズはとても便利ですが、便利になり過ぎているからこそとても怖い落とし穴があります。
コンタクトレンズは直接眼球に触れさせるものです。そうするとコンタクトを乗せる角膜は傷つき易く、レンズの取り扱いを誤って失明してしまったケースがいくつも報告されています。
 
posted by 眼力人 at | 遠視 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遠視の症状と遠視眼鏡


メガネ2.jpg
遠視とは網膜のうしろにピントを結んでしまう状態のことです。
よく世間で言われる、遠視は遠くの物が良く見えて、近くの物がぼやけて見えるというのは間違いです。
遠視の眼は遠くの物も、近くの物もぼやけて見えてしまうのです。


私たちの目は遠くの物を見ているとき、水晶体の厚さを調整せずに見ていますが、このとき遠視の眼は網膜の後ろにピントが合ってしまうので、遠くがぼやけて見えてしまいます。
遠視が軽い場合は水晶体を膨らませる調整機能でピントを合わせることが出来るので遠くがよく見えます。
しかし、近くにピントを合わせるためには、もっと水晶体を膨らませなければいけないので、遠視の眼はいつでも毛様体筋を緊張させているのです。


毛様体筋にかかるストレスが多くなりますと、遠視が弱い場合でも、やがては調整がうまくいかなくなりどんどん進行し、近くの物も遠くの物も見えにくくなります。
遠視が軽い場合は、視力測定では1.0〜1.5という良好な視力がでるので、ほとんどの人が自分では眼が良いと思っています。
この良好な視力は、眼の中で調節している結果であり、正視という眼の良い人とくらべてみると、眼の中では余分な調節をしてしまっていますので、眼精疲労など疲れの原因となります。


遠視が軽い人のかける眼鏡は、一般の近視眼鏡のように視界を良くする眼鏡ではなくて、眼の疲れを取る眼鏡ですので、一日中かけるような眼鏡です。
遠視が強度になった人の場合は、遠くも近くも見えにくくなってしまいますが、遠視の眼鏡をかけて矯正をすれば、目が疲れにくくなりますし、十分な視力が得られます。

関連する記事を見つけましたのでご紹介します。
視力回復に効果のある体験談
遠視とは

posted by 眼力人 at | 遠視 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク