運転免許更新に向けて視力回復しよう


私の運転免許証には「眼鏡等」という条件が付いていました。視力回復.jpg
運転免許更新で視力が満たない場合は、眼鏡やコンタクトレンズで矯正する必要があります。

眼鏡等の条件をなんとか無くしたいと思い、視力回復トレーニングに励みました。

おかげで、運転免許更新では眼鏡等の条件を無くすことができました。

運転免許更新に必要な視力

普通免許の場合は、片目でそれぞれ0.3以上、両目で0.7以上見えることが必要なのです。
又は、片目が0.3以下の場合、他眼の視力が0.7以上で視野が左右150度以上あることです。

私が実践した視力回復トレーニング

私は、この視力回復トレーニング法を約1ヶ月続けて、私には効果があったので紹介します。
目が疲れた時にも、視力回復ピンホールメガネを使用すると疲れ目を解消できます。


関連情報

posted by 眼力人 at | 視力回復訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目の運動不足には視力回復ストレッチ


「目の運動不足」が原因で視力低下になると知って驚きました。視力回復トレーニング.jpg
目だって運動不足になるため、目のストレッチが今注目されています。

目のストレッチは、こり固まってしまった目の筋肉の凝りをほぐします。
そして、ピント合わせの能力を回復させようとするものです。

「目を動かすだけで記憶力と視力が一気によくなる」という本も出ているようです。

簡単視力回復ストレッチ

  1. 目をギューっとつぶります
  2. 顔を動かさず目だけで上を見ます    ↑
  3. また、目をギューっとつぶります
  4. 目だけで下を見ます       ↓
  5. また、目をギューっとつぶります
  6. 目だけで右を見ます                    →
  7. また、目をギューっとつぶります
  8. 目だけで左を見ます                  ←
それぞれ、顎を引いて顔を動かさないで目だけ10秒ほど見続けます。

関連情報


posted by 眼力人 at | 視力回復訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たった5分の視力回復トレーニング


いったい何が原因で視力が低下するのでしょうか?視力回復.png
一番の原因は、目の筋肉を酷使していることで、目の疲労が原因ということになります。
スマートフォンやパソコン画面を見ていることが多いのではないでしょうか。
近くばかりを見ることが多いと、目は運動不足となり血行が悪くなります。
また、暗い部屋でテレビを見ているのも視力低下の原因になりますので注意が必要です。

たった5分で視力アップさせる達人

TBS系「お茶の水ハカセ」のテレビ番組で紹介されました。
お笑い芸人の光浦が、まず視力を計ると、裸眼視力は右0.01、左0.01〜0.02。
ここまで視力が悪いと裸眼では視力回復トレーニングが難しいので、視力矯正メガネを着用。
視力矯正メガネを着用して、右0.6、左0.8の状態で視力トレーニングを行ってもいました。
そこで、5分の視力トレーニングを行って再び視力を計ると驚きの結果となりました。
なんと右1.5、左も1.5。

視力トレーニング方法

視力が悪い人は眼球の網膜でピントが合わせづらくなっていると言われています。
トレーニング方法はいたって簡単ですので、さっそく始めましょう。
  1. 目をギューっと強くつぶり、目を開けて眼球だけを上に向け10秒キープ
  2. 再度、目をギューと強くつぶり、今度は眼球だけを下に向け10秒キープ
  3. 同じようにギューと強くつぶり、眼球だけを右と左も10秒キープ
  4. 人差し指を目の前に出し、∞の字を3回指で描き、その指の動きを目で追う
  5. 指を奥から手前に3回動かし、同じく指の動きを目で追う
眼球の外側にある外眼筋を鍛えることで、眼球の動きが良くなりピントが合いやすくなります。
この運動はメジャーリーガーのトレーニングにもなっているといいます。

 

脳のトレーニング

さらに飛躍的に視力を上げる方法は、脳のトレーニングを行います。
目がとらえた情報は脳が処理して認識します。
しかし、視力が低い人は脳が正しく認識していない可能性があるんです。
中川先生が編み出した方法は、視力測定しながら「見える」「見える」と思って訴えます。
脳に見えると訴えかけることで脳が目に働きかけ、目が多くの情報を取り入れようとします。脳を鍛えることで視力が上がります。

視力回復の関連情報

着けるだけでメガネなしでもよく見えるようになり、目の疲れが取れ、1日3分で視力回復効果のある「ピンホールアイマスク」。

posted by 眼力人 at | 視力回復訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寝ている間に視力回復!手術しない近視矯正


テレビ番組で取り上げられ、一躍話題になっている視力回復コンタクト
コンタクトレンズ.jpg専用コンタクトレンズを夜寝ている間に装着しておくだけです。

昼間は裸眼で過ごすことができるほど視力が回復するという素晴らしい視力回復治療です。

手術も、面倒なトレーニングも必要としない視力回復方法。


視力回復ができる手術といえばレーシックが有名ですね。
スポーツ選手や芸能人もレーシックを受けている人が多数いると言われています。
しかし、安全といわれているレーシックですが手術は手術。
眼球を切る手術はイメージ的に怖いのは私だけでしょうか?
失敗は少ないと思いますが、もし失敗したらと思うと恐怖を感じます。


そういった心配がないのが「オルソケラトロジー」と「オサート」です。

しかし、装着を止めると、視力は次第に元に戻ります。
視力を一時的に矯正するものであることを忘れてはいけません。

オルソケラトロジー

角膜が比較的柔らかく、年齢制限で近視矯正手術の出来ない若い方に特にオススメです。
オルソケラトロジーによる矯正効果の中心は近視ですが、残念ながら遠視には効果がありません。
年齢や近視の強さによって個人差がありますが、翌日から完全に矯正出来る場合もあります。
装着時間が長くなれば継続力が次第に延長し、一般的には1週間ほどで裸眼で生活出来るようになります。

オサート

強度の近視の人や円錐角膜の人にも対応しています。
視力が0.1以下の人であってもキッチリと視力矯正することができるんです。
また、遠視、乱視や老眼にまで適応しています。
費用はオルソケラトロジーに比べて高くなりそうです。

【関連情報】

着けるだけでメガネなしでもよく見えるようになり、目の疲れが取れ、1日3分で視力回復効果のある「ピンホールアイマスク」。

 


「今日から出来る視力回復スペシャル」と題して放送が予定されています。
寝ている間に視力回復や視力回復の最新治療法もご紹介!
近視も遠視も老眼も克服する夢のコンタクトレンズとは?
ゲスト(50音順)
アンガールズ(田中卓志、山根良顕)、大桃美代子、かとうかず子、田島令子、道端アンジェリカ
posted by 眼力人 at | 視力回復訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一度落ちた視力を再び回復する方法


視力回復.jpg私は学生時代からメガネ生活を続けています。

メガネに慣れたのですが、できれば視力回復させたいと考えています。

そもそも、視力が落ちる原因は 環境や遺伝子の影響の2つの要因があるとされています。 

目の筋肉が緊張することでも近視が起こります。 

最近のニュースで視力回復させるためには緊張状態を緩和させる方法を知りました。

この視力回復の方法は意外なほど簡単で、「見えるか見えないかぎりぎりの位置の焦点をあわせ、そこに書いてある文字などを当てる訓練をする」というものです。 

これによって、目の筋肉の緊張がほぐれ、遠くでピントを合わせることに“慣れさせる”ことができる、と考えられています。 
これは東大名誉教授によって提案された視力回復方法であり、厚生労働省からも認可を受けた方法です。

 

☆東大名誉教授 故石原忍 創著『小眼科学』より
東大名誉教授の故石原忍先生はその著「小眼科学」のなかで次のように述べておられます。
「わが国に多発する学校近視については、調節緊張を緩解する事によって偽近視並びに屈折性近視を治療することができる。
これがためには近業には凹レンズを用いないこと。
また場合により逆に凸レンズを用いること、裸眼でまた凸レンズを装用して望遠練習を行なうこと。」

昔は、「視力は一度落ちてしまったら回復しない」と言われていました。 
しかし、現在はあらゆる専門家から、「これは固定概念にすぎず、実際には正しい訓練によって視力回復する」という見解が出されています。

また、それを可能にする視力回復トレーニング方法もたくさん打ち出されています。
視力回復センターも全国にあるようです。 

眼鏡のない生活をしたいと考えている人は、一度試してみてもよいのではないでしょうか。


【関連する記事】

posted by 眼力人 at | 視力回復訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

簡単な視力回復には遠くを見よう


簡単な視力回復の方法といえば、意識して日常生活で遠くを見るようにしましょう。
パソコン作業で目を酷使したら、1時間に1回は手を休めて遠くの景色を眺めたり、パソコンと目の距離も十分取るようにしましょう。
日常生活の中に遠くを見る習慣を取り入れれば、その間は毛様筋がリラックスして遠くのものを見るための状態ができます。
近くの物を見すぎて毛様筋が疲労してかたまってしまい、元の遠くを見る状態に戻れなくなることを防ぎます。
自宅の窓から外を見ると、遠くの景色を見ることができ、又は家の壁にかかっているカレンダーの文字に目を向けるのでも良いでしょう。
東京視力回復センターでは、壁にかかった視力検査表のランドルト環を凝視します。

網膜上で焦点が合う

これだけで水晶体を薄くする効果があるわけですから、自宅でも簡単な視力回復トレーニングは可能なのです。
遠くと近くを交互に見る遠近体操法や、眼球を激しく動かす動体視力トレーニングも、自宅でも出来る簡単な視力回復方法といえます。
目のトレーニングの他にも東洋医学を基にした薬や手術などを使わない視力回復法が実践できます。

 
東洋医学を中心とした"副作用の無い"安全で自然な方法で、 体の根本から視力回復へ導いていきます。 

視力回復器具やレーシックを使わずに、あなたを自然に視力回復させる、「ある方法」をお伝えするからです。
コンタクトやメガネの度を上げても、視力は下がるばかり。
なかなか視力が上がらず、効果がわからない。
手術をするにも、安全で安心できる方法ではなくて・・・
きっとあなたも不安でいっぱいだったと思います。
当サイトの記事から自分に合った視力回復術を行ってください。

メガネなしでもよく見えて1日3分で視力回復「ピンホールアイマスク」 
着けるだけでメガネなしでもよく見えるようになり、目の疲れが取れ、1日3分で視力回復効果のある「ピンホールアイマスク」。
 
posted by 眼力人 at | 視力回復訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

見える - 驚異の視力回復法


「遠くのものが、ぼやけて見える」
「本や新聞の文字が見えづらい」
               と悩んでいませんか?

実は、視力は『ある方法』さえ実践すれば、簡単に回復できるのです。
と言うのも、『ある方法』さえ実践すれば、レーシック手術を受けなくても裸眼生活を取り戻せるからです。
一体その『ある方法』とは何か…?
▼もしかすると、あなたもこんな考え方を持っていませんか?

▼メガネやコンタクトを装用すれば問題ない
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「メガネやコンタクトを装用し続けた結果、ますます視力低下が進行してしまう」
「え?そんなことがあるの?」
はい。あります。
メガネやコンタクトは確かに便利ですが、結果的に、あなたの目を甘やかしてしまうのです。
「最近、メガネの度が進んで……」
これを繰り返しているうちに、あなたの目はどんどん力を失い、見えなくなってしまうのです。

 

▼これ以上悪くなればレーシック手術を受ければいい
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「友だちがレーシックを受けて……私も受けようかな……?」


でも、ちょっと待って下さい。
レーシック手術は万全ではありません。


「え?失敗することってあるの?」


レーシック手術を受けたからといって、誰でも目標視力を達成できるとは保証されていません。


成功するか失敗するか、結果はやってみないと分からない……


あなたは、そんなリスクを冒しても多大なお金を支払って、レーシック手術を受けたいですか?

 
▼「では、どうやって視力を回復させるの?」


はい、実は…

そこには、医学書では語られない、
「視力回復の秘密」が数多くあるのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「手術を受けなくても、裸眼生活を取り戻せる方法があったとしたら…」
当サイトの記事を参考にしていただき、自分に合った視力回復法を行ってください。
近視・乱視・老眼・疲れ目に最適「ピンホールアイマスク」 

 
posted by 眼力人 at | 視力回復訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

深視力を改善!ビジョントレーニング


ビジョントレーニングとは、主に両眼視機能の不良が原因で色々な訴えを持っている方に対し、その改善のために行われます。
トレーニング方法のひとつに「ブロックストリング」というものがあります。
ブロックストリング.GIF
ブロックストリングは、ヒモに通した距離の違う3つのビーズを、それぞれ5秒間ずつ両眼で見つめるだけの簡単な方法です。
自分の両眼の視線がどんな角度に対してもきちんと協力し合って働いているかを知ることができます。
いつも両眼を正しく使うことで、距離感を読んだり、空間距離を正確に把握できます。


ブロックストリングは、両目の協調性を高める効果が期待フリーダイヤル

このブロックストリングによるトレーニングで、ボールに対して両目が協調して働き、距離感やスピードを早く読み取ることが出来るようになるそうです。
ブロックストリングは卓球・福原愛選手が取り入れている目のトレーニングで知られています。

posted by 眼力人 at | 視力回復訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目が悪い人 まばたき視力回復法


意識的に「まばたき」を行うことは、視力回復の方法として効果があります。
まばたきの重要な役割は、涙を角膜や結膜全体に潤わせて、栄養分を目に与えながら不純物を洗い流してくれています。

又、まばたきがなぜ必要かというと、目がまばたきするちょっとした瞬間に、瞳孔の筋肉の緊張を和らげてくれるからです。
まばたきは眼の周囲のリンパ液の循環も良くしてくれるそうです。
つまり、まばたきすることは、眼が正常な機能を保つのに必要な行為というわけです。

正常な眼は常にまばたいているそうです。
目が悪い人のくせは、ものを見ようと意識をむけたときに、「凝視」してしまうことです。
パソコン画面を見るとき、本やテレビを見ている時、まばたきを忘れていると感じたら要注意!

正常な目は、3秒に1回程度、まばたきをします。
ところが目の悪い人は、ずっと1点を見つめたまま、目を動かさず、まばたきもしないという悪いくせが。
まばたきをしないと、目の表面がかわきます。

このように、まばたきはあらゆる場面で視力回復を促進しているのです。
もし、まばたきが足りないと思ったら、意識的に、まばたきをしてみましょう。

ただし、目をギュッとつぶってはいけません。
楽に目を開閉し、まぶたの動きがわからないほどが理想で、これを最低1分間つづけます。
これだけで、まばたきを習慣づけることができます。

何も、かしこまって練習しなくてもよいのです。
まばたきは仕事の合間や、学校の休憩時間、待ち時間などを利用して行うといいのではないでしょうか。
ちょっとした気分転換にもなると思います。

関連する記事をご紹介します

近視・乱視・老眼・疲れ目に最適「ピンホールアイマスク」 
着けるだけでメガネなしでもよく見えるようになり、目の疲れが取れ、1日3分で視力回復効果のある「ピンホールアイマスク」。


視力回復に効果のある体験談

日本では約4000万人の人が近視と言われています。
小学生の近視も増加しています。テレビ、パソコンの普及で近くを見る機会が多くなってきたことが大きな要因と考えられています。
視力が低下しても目に対する日々のケアーはほとんど無いに等しいと思います。

posted by 眼力人 at | 視力回復訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マジカルアイで視力回復トレーニングを


「マジカルアイ」って聞いたことがある方もいるかもしれません。
視力回復にも効果がありゲーム感覚で楽しみながらできます。
見えた瞬間は、とても気持ちのいい充実感を感じることができます。

その画像のステレオグラムのことを、マジカルアイと呼んだりマジックアイと呼んだりするようです。
以前に、視力回復に効果があるとして、テレビや雑誌で話題になっていて、今なお人気があるようです。
具体的には、平面画像を目の焦点をずらしていくことで、立体視という立体的に物を見る力をトレーニングする視力回復方法です。
 
意外に簡単な視力回復トレーニング方法です。
マジカルアイとは目の焦点をずらして見つめることで、立体的に見える画像のステレオグラムのことを指します。
模様のような絵をじっくり見ていると、全く別の絵が浮き上がって見えてくるというものです。

視力回復だけでなく脳の活性化にも効果があると言われています。
3Dに見える人と見えない人がいるので、見える人は、ちょっとした優越感も得られるでしょう。
視力回復に良いとされるマジカルアイは、ゲーム感覚で楽しみながら視力回復トレーニングができるということです。

この立体視を一回だけで終わらせるのではなく継続的に行っていくことで、目の焦点を合わせる筋肉が鍛えられます。
筋肉が鍛えられることで近視や遠視、老眼などに効果があるようです。
左右の視力差が大きければ、なかなか立体に見えなかったり、コツをつかむまでは時間がかかる人が多いようです。

マジカルアイのトレーニングを続けることで、瞬時に焦点を合わす動体視力の向上に繋がり、遠近感や立体感を感じとる能力を養うことにもなるでしょう。
これはコツがあって、ずっと見ていても、隠れている絵がなかなか浮かびあがってこない、ということもあります。
毎日少しずつでもやり続けていれば、焦点を合わせるトレーニングになりますね。
マジカルアイ視力回復トレーニングは、たくさんの書籍などが売られていますので、一度試してみるといいかもしれません。

【関連記事】自宅で簡単にできる視力回復への体験談

posted by 眼力人 at | 視力回復訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク