毛様体筋の凝りによる疲れ目にご用心


疲れ目の最も多い原因は、目のピントを合わせるのに使う毛様体筋の「こり」。
NHK「チョイス@病気になったとき」では、疲れ目にご用心!と題して放送されます。
毛様体筋の凝りの他に「ドライアイ」や「斜視」が隠れている場合もあるようです。

毛様体筋とは

カメラでいうオートフォーカスのように、自動ピント合わせと考えるとわかりやすいでしょう。
レンズの役割をする水晶体は、近くを見るときは毛様体筋が収縮して水晶体を厚くします。
また、遠くを見るときは縮んで水晶体を薄くしてピントを合わせます。
ピント合わせをする毛様体筋が衰えると、手元や遠くが見づらくなります。
とくに老眼は、新聞や文庫本、成分表示などの小さい文字が見えにくくなってきます。


こり固まった毛様体筋をほぐす簡単な方法

目の周りの筋肉にハリやコリが発生している時に、目が疲れたと感じます。
目の疲れを取るには、目の周りの筋肉の血行を良くして、ほぐしてあげることが必要です。

顔を動かさないで、目を上下、左右、斜めに動かすだけで、目の筋肉がほぐれます。
まず、人差し指を目の前に立てます。
その指から目を離さないようにして、指を上下、左右、斜めに動かします。
このとき、顔が一緒に動かないように気をつけてください。


関連情報

posted by 眼力人 at | 眼精疲労 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

眼精疲労を起こしやすい人の対処法


パソコンやスマートフォンなどの影響で眼精疲労のひどい人が増えています。眼精疲労.jpg
長い時間、細かい字をみたりした後は、目がショボショボすることがありませんか。
ショボショボするのは、目の血管が血行不良になってしまったことを知らせているのです。

NHKきょうの健康では「あなたの目、大丈夫?」と題して、眼精疲労対策が放送されます。

眼精疲労と疲れ目の違い

「疲れ目」は、一晩ぐっすり眠れば眼の疲れが取れてしまうものを言います。
「眼精疲労」は休憩をとっても目の痛み、かすみ、頭痛などの症状が残ったりします。
また回復したと思ってもすぐまた目の疲れが出てきたりする症状のことを指します。 
自覚症状としては、疲労による目の充血、かすみ目、視力の低下などがあげられます。
症状が進むと食欲低下や目の裏側まで強い痛みや吐き気をもよおすこともあるようです。 
疲れ目より眼精疲労のほうは症状が重くなります。

眼精疲労の原因

眼精疲労はほとんどの場合パソコン、テレビ、読書など、目を酷使することによって起きます。
度が強すぎるメガネをかけている人や遠視の人も眼精疲労を起こしやすいと言われます。
ドライアイ、白内障、緑内障、網膜症などの眼科疾患による眼精疲労もあります。

眼精疲労の対処法

蒸しタオルとアイスパックで目を癒す方法

蒸しタオルを目の上にあてると血管が広がって血流がよくなり疲れも解消しやすくなります。
蒸しタオルの簡単な作り方は、水に濡らして軽く絞ったタオルをラップで包みます。
そして電子レンジで30秒〜1分温めると出来上がりますが、やけどに注意してください。
ただし、ひどい充血しているときは、蒸しタオルを避けて、アイスパックにすると良いです。
冷やしタオルの作り方は、ふつうに絞ったタオルをビニール袋に入れて冷凍庫に入れます。
1時間くらいで取り出して、タオルで目を覆うようにパックしましょう。

眼球体操

眼球のまわりの筋肉を動かすことで血行をよくし、緊張した毛様体筋を柔らかくします。 
目を固く閉じてから目をぱっと開いてみたり、視線を左右、上下に動かしてみてください。
5分間ほど続けると眼精疲労を回復させる働きがありますので、ぜひ実行してみましょう。

眼精疲労の関連情報

デスクワークが多く疲れ目のあなた!
機能性表示食品の「めばえ」があなたの疲れ目を和らげます。

posted by 眼力人 at | 眼精疲労 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク