視力が悪いと成れない職業や資格とは

視力低下は日常生活が多少不便になる、というだけではなく、日本では職業の選択の幅も狭めてしまいます。 メガネやコンタクトを使って矯正した視力が一定の基準を満たしていれば問題ないケースもありますが、自衛官や警察官などは裸眼視力で0.1以上が必要です。 消防官の場合は裸眼視力が0.3以上、法務教官は0.6以上(矯正視力1.0以上)でなければ受験資格も与えられないといいます。 競馬の騎手は裸眼視力…

続きを読む

スポンサーリンク