視力が悪いと なれない職業や資格


視力低下は日常生活が多少不便になる、というだけではなく、日本では職業の選択の幅も狭めてしまいます。
視力回復の眼鏡メガネやコンタクトを使って矯正した視力が一定の基準を満たしていれば問題ないケースもありますが、自衛官や警察官などは裸眼視力で0.1以上が必要です。
消防官の場合は裸眼視力が0.3以上、法務教官は0.6以上(矯正視力1.0以上)でなければ受験資格も与えられないといいます。
競馬の騎手は裸眼視力で0.6以上必要ですし、競艇選手の場合はレーシックなどで手術していてもよいとはいうものの、裸眼視力で0.8以上が要求されます。
さらに、レーシックやレーザー治療などの視力矯正手術を受けていると、日本の航空会社ではパイロットになることができないんです。

一番代表的なものは、車の運転のための普通運転免許でしょう。
普通免許は両眼で0.7以上、片眼でそれぞれ0.3以上の視力が必要になります。
運転免許の場合は、矯正後の視力が認められていますので、メガネ・コンタクトレンズを着用して、一定の視力があればいいのですが、メガネもコンタクトレンズもどちらも体質的に合わない、又は矯正しきれないという方もいます。
運転中のみ、眼鏡を着用する方も多いですが、それも不便なものです。

裸眼視力が一定以上必要な職業につきたい人にとっては、視力は人生を左右する重大な問題です。
視力が悪いために、夢や希望の職業を断念しなければならないのはとても残念なことです。

メガネやコンタクトレンズは、あくまでも視力低下の対処療法です。
日常的な生活はできますが、根本的に視力を矯正したことにはなりません。
しかも、メガネやコンタクトレンズは使用中の不便さや煩わしさは無くなるものではありません。

【関連記事】

近視・乱視・老眼・疲れ目に最適「ピンホールアイマスク」 
着けるだけでメガネなしでもよく見えるようになり、目の疲れが取れ、1日3分で視力回復効果のある「ピンホールアイマスク」。

 
posted by 眼力人 at | 視力と職業制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク