失明の危機!スマホ画面のブルーライトに警告

オーストラリアの研究機関が発表「強度の近視は、失明の要因の一つだ」と警告。 スマートフォンは大量の“ブルーライト”を浴びています。 ブルーライトとは、スマートフォンやパソコンから出る青い光です。 可視光線の中で最もエネルギーが強く、目の疲れや痛みなどダメージを眼球に与えます。目の疲れだけではなく、睡眠などさまざまな悪影響を与えることが分かっています。 スポンサーリンク 対策として…

続きを読む

ドライアイを放置すると、視力低下の恐れにも

ドライアイを放置すれば、角膜に傷がついて“視力低下”の恐れが出てきます。これは、私が通院している眼科医の先生が説明されていました。 まず、ドライアイを真剣に治すことに全力をつくすことにしました。ドライアイ原因は、パソコンやスマホの長時間使用で「まばたき」が少ないためだそうです。 先生によると、治療は点眼薬(ドライアイ目薬)が中心になるようです。市販の点眼薬は、防腐剤の入っていない人工涙液やヒ…

続きを読む

スマホのブルーライトが失明の危機!

将来は世界人口の半数50億人が近視になり、そのうち10億人は失明の恐れがあるそうです。オーストラリアの研究機関がこのほど、強度の近視になると予測を発表。 強度の近視は、失明の要因の一つだと警告をしています。 スマートフォンやパソコンなどのデジタル機器を見続けることがその原因。スマートフォンが欠かせなくなった今、私たちは毎日大量の“ブルーライト”を浴びています。 ブルーライトとはブルーライトと…

続きを読む

ドライアイが原因で視力が低下する

ドライアイというと、目の不快感だけが症状だと思われがちですが、最近、実用視力まで低下させてしまうことが判明しました。 実用視力とは連続的に視力を測定して、その変化を調べることです。 普通の視力検査は自分が出せる最高の視力を瞬間的に捉えた結果なのです。 実用視力が大きく変動する人は視力が劇的に回復する可能性があると言われています。 実用視力を低下させる原因は涙にあります。 本…

続きを読む

日本人の視力低下が今大きな問題

近頃は日本人の視力低下がとくに大きく問題視されています。 最近では小学生でも眼鏡をかけている児童をたくさん見かけるようになってきていますが、中学生ではさらに多くなっているのではないでしょうか。 数十年前では眼鏡の児童が珍しいという感覚が広まっていましたが、それが現代では当たり前になってきています。 文部科学省が発表した平成20年度の視力の調査結果では、小学生の3割近く、中学生・高校生の5割…

続きを読む

スポンサーリンク