ドライアイを放置すれば、視力低下の恐れも


ドライアイを放置すれば、角膜に傷がついて“視力低下”の恐れが出てきます。ドライアイ.jpg
これは、私が通院している眼科医の先生が説明されていました。

まず、ドライアイを真剣に治すことに全力をつくすことにしました。
ドライアイ原因は、パソコンやスマホの長時間使用で「まばたき」が少ないためだそうです。

先生によると、治療は点眼薬(ドライアイ目薬)が中心になるようです。
市販の点眼薬は、防腐剤の入っていない人工涙液やヒアルロン酸入りがオススメです。

ドライアイ対策は加湿器で湿度を保ち、瞬き(まばたき)を多くするよう心がけます。
ドライアイは国内の推定患者が800万人以上といわれているようです。
視力が低下しないよう「ドライアイ治療」に専念しようと思います。
視力回復トレーニングも並行して実行しています。

スポンサーリンク


posted by 眼力人 at | 視力低下原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク