スマホ老眼の予防は近視予防にも効果的

年齢を重ねるにつれて、だんだんと近くのものが見づらくなる困った病気である老眼。スマホ老眼対策.jpg
昨今では20~30代の方でも老眼に悩んでいると言われています。
その病気名は“スマホ老眼”、老眼に近い症状が表れるようです。

◆スマホ老眼の原因は?◆

スマホやパソコン画面を長時間集中して見続けることが一番の原因といわれています。
当然ながら目の酷使となり、目の筋肉が疲れてしまいます。
目の疲労から、目のピント調整能力が低下して老眼のような症状を引き起こしてしまうのです。

◆スマホ老眼の予防と対策方法◆

スマホやパソコンを何時間と続けて画面と「にらめっこ」しないようにしましょう。
1時間ほど経ったら5分でいいので目をつぶって休憩すると目の負荷は大きく減ります。
画面と目の距離を40cm以上おいて見ることで、目にかかる負荷の軽減に繋がります。

スマホ老眼の対策方法が視力回復トレーニングにも効果があるやり方を紹介します。

TBS系「お茶の水ハカセ」のテレビ番組で紹介されました。
近くばかりを見ることが多いと、目は運動不足となり血行が悪くなります。
眼球の外側にある外眼筋を鍛えることで、眼球の動きが良くなりピントが合いやすくなります。
この運動はメジャーリーガーのトレーニングにもなっているといいます。
スポンサーリンク

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク